めちゃんこ りん

我が家のめちゃんこかわいい柴犬りんとの生活を綴っていきます
TOPスポンサー広告 ≫ 帰ってきましたTOPはは☆ ≫ 帰ってきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

帰ってきました

昨日の夕方従兄弟の葬儀から帰ってきました


24日の夜 ゆきが夜10時に帰ってきたので 荷物を積み込み出発したものの
出発した途端 りんがブルブル震えだし 息も荒くなって様子がおかしい・・・
何度も車から降りたがるので 何回も降りて散歩をして
車の中でもずっと抱っこしてたけど キョロキョロ車の外を見てブルブル はぁはぁ
どうしよう心配・・・と思いながらずっとりんを見てたら
車の外を見て怖がってる(興奮してる)??ような気がしたので 
車中泊の時に毛布などを入れてるカゴから
寝具を出して その中にりんを入れて 毛布を上から被せて なでなでしてたら
やっと落ち着いて その中でうとうとし始めてくれた
何だったのか??帰りの様子も見てみようと言う事で 車中泊の予定場所より
100km手前で車中泊しました 




019_20111026125246.jpg


翌朝 起きてりんの様子をみると とっても元気良くて落ち着いてたので
地元の病院を探すのはやめて葬儀場へ向かいました
車の中はりんの毛だらけ・・・



004_20111026125245.jpg


葬儀の時間より3時間も早く着いてしまったはは☆
りんと葬儀場の近くを散歩しました
稲刈りが終わったたんぼをバックににっこり 日本犬に似会う~
無類の犬好きだった従兄弟もりんと一緒に来た事を喜んでくれたと思います



この後葬儀場に入って 叔父叔母 そして従兄弟のお嫁ちゃんHちゃんに会って
抱き合って号泣してしまったはは☆
本当に本当なんだな・・・


葬儀中 はは☆は、ずっと祭壇の従兄弟の写真に向かって 心の中でケンカ売ってました
好きで死んだんじゃないだろうけど みんなを悲しませてるぞ!
Hちゃん 辛いのにあんなに頑張ってるんだぞ!!! 何辛い事させてんの!
結婚する時幸せにしてやる位言ったんでしょ してないじゃん!!
この後のHちゃんの人生 Hちゃん自身もびっくりする位幸せになれるように
してやんなきゃダメだ!! おじちゃんおばちゃんの心も体もかなり疲れちゃったよ!
どうすんの?? ・・・・・・・・・と延々と文句言ってきました
きっと従兄弟もこれくらい言えば あちらの世界に行っても
腹が立って おぅ~見とけよ!と思うだろう・・・思ってほしいな


はは☆の母とは あまり話しませんでした 
みんなりんに会いに車まで来てくれたのですが 母だけは来ませんでした
実家のトイプーも姉が知らない間に 母が預けてしまい 今度は姉と母の間で
波風が立ってました
りんの事は 仕方ないんじゃない?怒らなくてもいいじゃんって言ってた姉が
トイプーの事でもの凄く怒って はは☆にわかるよね!って話しかけてくるのに
素直にうなずく事が出来なかったし
母は 姉が怒ってるのはおかしいと思わないか?とはは☆に言って来るし
二人とも(母と姉)どういうつもりではは☆に話してるんだろう??と不思議になってしまって
あの二人と血が繋がってるから はは☆も気を付けよう!と
何かに気を付けようとしか思えなかったはは☆ はは☆の実家は大丈夫なの??

 



帰りは 行きのりんの事もあるので 何回か休憩しながら帰ってきました
PAで こんな物見つけました


008_20111026125243.jpg


スコールです!これって九州だけなんだろうか??
普通のスコールは白いんですが これはマンゴー味
初めてだったので買ってみました 一口飲んでみたら おうマンゴー!!
美味しかった~
スコールを買ったPAで 急に鼻炎になってしまったはは☆
めちゃくちゃくしゃみが出てきて 鼻水も止まらない・・・
ちょっと寝ようと思ってシートを倒して寝ると りんがはは☆のお腹の上に乗って来る
嬉しいような苦しいような・・・結局眠れず起きてみたら
スコールマンゴー味も ポテトチップスもじゃがりこも 全部無くなってた・・・
ゆきが はは☆が寝てる間に全部食べてやる!と慌てて食べたみたい・・・
食べ物の恨みは・・・と言うが それ程食べたかったわけじゃない
ポテチとじゃがりこが無性に食べたい気分 今日買ってこよう!!!



スポンサーサイト

Comment

編集
お帰りなさい。大変でしたね。。。
従兄弟さんもはは☆さんにハッパかけられて一層見守っててくださいますね。

りんちゃんはお出かけのときに何か感じたのでしょうか??
心配でしたね…。でもますます一緒に居た方が良かったのではないでしょうか。
やはり和犬はとても感受性の強い子がおおいですから…。ともあれ何事もなく良かったです。

はは☆さんのお母さん…ううむ。
なんだかちょっとウチの母とも近いような(汗)
やはり年を取るとだんだんワガママかつ頑固になるので、歩み寄るにも限界がありますよねぇ。。。
私は母とは近くに住んでいるので、あえて少し距離を置くようにしました。
それはそれで酷く文句を言われるのですけどね。
今まで散々できる限りのことはしてきたつもりでも、容赦なく言ってくることにわが母ながら疲れ果てました(笑)
親子でも女同士というのは殊更難しいものですね。

2011年10月26日(Wed) 16:10
編集
りんはは☆さん、ゆきさん、りんちゃんお帰りなさい。
りんちゃんはこれから葬儀に行く事、
そしてりんはは☆さんの胸の内を察したのだと思います。
むぎもそうでしたがワンコはホントに敏感です。
やっぱりお留守番ではなくて一緒に行って良かったですね。

>従兄弟の写真に向かって心の中でケンカ売ってました
この後の文章で涙が止まらなくなりました。
王子にも聞かせてやりたい!

親子・姉妹とはいえ分かりあえる事と、
そうでない事があるのですよね。
どちらが正解という答えがない分、難しいですよね。
うちの母も凄く頑固になってしまって自分が全て正しい!と思っていて、
自分の考えを押し付けてくるので、
王子が居なくなってから何度も喧嘩をして、
今は距離を置いています。
なので、りんはは☆さんのお気持ちは、よぉ~く分かります。
2011年10月26日(Wed) 22:38
お悔やみ申し上げます
編集
私の従弟が2年前に亡くなった時、
やはり、booさんと夜遅くクーヨンを連れ、
実家に帰ったことを思い出しました。
りんちゃんは、強く感じるものがあったのかもしれませんね。

ウチの親は、理解してくれていますが、
りんちゃんを自分の家族として、
受け入れてもらえないりんははちゃんの
悲しさ、つらさ、わが身のように感じます。
さびしいねぇ。。。

従兄弟さん、急な病に倒れてしまわれたんですねえ。
従兄弟さん、りんははちゃんに叱られて、
これからは、きっと、空の上から、
奥さんをやさしく見守ってくれると思いますよ。

ゆきさん、りんははちゃん、りんちゃん、
お疲れ様でした。
同じお年頃、ご自愛のほどを。
2011年10月26日(Wed) 22:39
福来ママさんへ
編集
> お帰りなさい。大変でしたね。。。
> 従兄弟さんもはは☆さんにハッパかけられて一層見守っててくださいますね。


 帰ってきました!
 従兄弟はプンプン怒ってるかもしれません
 でもあちらの世界で出来る事があるのなら頑張ってほしいと思ってます

  
>
> りんちゃんはお出かけのときに何か感じたのでしょうか??
> 心配でしたね…。でもますます一緒に居た方が良かったのではないでしょうか。
> やはり和犬はとても感受性の強い子がおおいですから…。ともあれ何事もなく良かったです。

 
 書くのをちょっと躊躇したんですが りんは何かを感じていました
 最初は心臓が悪くなったかも??と思いましたが りんを抱っこしてて
 何かを感じてるんだとわかりました 本当に敏感ですよね


>

> はは☆さんのお母さん…ううむ。
> なんだかちょっとウチの母とも近いような(汗)
> やはり年を取るとだんだんワガママかつ頑固になるので、歩み寄るにも限界がありますよねぇ。。。
> 私は母とは近くに住んでいるので、あえて少し距離を置くようにしました。
> それはそれで酷く文句を言われるのですけどね。
> 今まで散々できる限りのことはしてきたつもりでも、容赦なく言ってくることにわが母ながら疲れ果てました(笑)
> 親子でも女同士というのは殊更難しいものですね。


 福来ママさんも実母さんといろいろあるんですね
 実母だから尚更遠慮なく言いあう分うまくいかない事も多いのでしょうね
 親子でも距離はだいじですね 
 経験談聞かせてもらってよかったです ありがとうございました

 
2011年10月26日(Wed) 23:58
流れ星さんへ
編集
> りんはは☆さん、ゆきさん、りんちゃんお帰りなさい。
> りんちゃんはこれから葬儀に行く事、
> そしてりんはは☆さんの胸の内を察したのだと思います。
> むぎもそうでしたがワンコはホントに敏感です。
> やっぱりお留守番ではなくて一緒に行って良かったですね。


 帰ってきました!
 りんは本当に何かを感じてたと思います 
 敏感すぎて可哀想になってしまいましたが一緒に行って本当によかったです


>
> >従兄弟の写真に向かって心の中でケンカ売ってました
> この後の文章で涙が止まらなくなりました。
> 王子にも聞かせてやりたい!
>

 王子様にはお会いしたことはないですが 目一杯文句は言わせて頂いてます!
 流れ星さんに内緒で 私勝手な事してますよ・・・
 王子様にも ムキになって頑張ってほしいと思ってます

 

> 親子・姉妹とはいえ分かりあえる事と、
> そうでない事があるのですよね。
> どちらが正解という答えがない分、難しいですよね。
> うちの母も凄く頑固になってしまって自分が全て正しい!と思っていて、
> 自分の考えを押し付けてくるので、
> 王子が居なくなってから何度も喧嘩をして、
> 今は距離を置いています。
> なので、りんはは☆さんのお気持ちは、よぉ~く分かります。


 流れ星さんもそうですか!! 
 なんだかうれしいって言ったら悪いのかもしれませんが 
 母親と仲良く出来ない事に罪悪感を持ってたので救われる気分です
 いつもいつもありがとう
2011年10月27日(Thu) 00:10
SOOさんへ
編集
> > 私の従弟が2年前に亡くなった時、
> > やはり、booさんと夜遅くクーヨンを連れ、
> > 実家に帰ったことを思い出しました。
> > りんちゃんは、強く感じるものがあったのかもしれませんね。
>
>  
>  SOOさんも従弟さんを亡くされたんですね
>  クーヨンちゃん達はどんな反応だったのかな??
>  りんが 何かを感じてたのは確かです りんにとって怖かったのか
>  うれしかったのか?わかりませんが 具合が悪い訳じゃなかったんで
>  よかったです
 >
>
>
> > ウチの親は、理解してくれていますが、
> > りんちゃんを自分の家族として、
> > 受け入れてもらえないりんははちゃんの
> > 悲しさ、つらさ、わが身のように感じます。
> > さびしいねぇ。。。
> >
>
>  SOOさんちのご両親は わかって下さってますよね
>  一緒にお出かけも本当に嬉しそうですもん
>  うちは多分一生わかってもらえないんだと思います 
>
>

> > 従兄弟さん、急な病に倒れてしまわれたんですねえ。
> > 従兄弟さん、りんははちゃんに叱られて、
> > これからは、きっと、空の上から、
> > 奥さんをやさしく見守ってくれると思いますよ。
> >
> > ゆきさん、りんははちゃん、りんちゃん、
> > お疲れ様でした。
> > 同じお年頃、ご自愛のほどを。
>
>
>  従兄弟は心筋梗塞じゃないかって事でした 4年前にも一度倒れて電気ショックで生き返ったんですよ
>  だから もしかしたら 神様がくれたおまけの4年間なんじゃないかと思います
>
>  目一杯文句ばっかり言ってきたので 何かやってくれるといいんですけどね
>  私もそろそろ痩せないとヤバイです・・・ 

2011年10月27日(Thu) 00:27
編集
りんはは☆さん、大変でしたね。お疲れはでませんでしたか。りんちゃんも心配なことで
本当にお疲れ様でした。

お母さんのこと、うちの母とそっくりです。
いや、りんはは☆さんのお母さんのほうがいいかもですよ(笑)
もう、亡くなったんですが、本当にわがままで独裁者のような母で、泣かされたものです。
病気になってからの20年は、ずっと譲って
暮らしました。心にもない謝罪もいっぱいしました。きっと短い命だから、冷たくして悔いの残るのが怖かったんです。
孫ですら、疲れるから連れてこないで、って
言われて、下の双子は私の実家に泊まったこともありません。いつも帰省は主人の実家に預けて私だけが家事手伝いのために実家に泊まっていました。
だから、亡くなってしまうとホッとしたというか、後悔がないだけ救われています。
母の存命中は犬なんて絶対に連れていけなかったので、飼いたくても飼えませんでした。ようやくクーを手に入れられたんですよ。父は、私の気持ちには疎くて、「ええお母さんやったなあ」なんて、いまでも
言うので、「そうやね」と言いながら、お腹の中ではチッって舌打ちしています(笑)
母娘の絆って複雑に絡み合って、切るに切れないところが難しいですよね。
でも、上手に距離を取って、わかってもらおうと思わないことです。
人の性格は変えられないので、気にしないようにしてゆきさん、りんちゃんと穏やかに暮らしてくださいね。
2011年10月27日(Thu) 19:56
ママミントさんへ
編集
> りんはは☆さん、大変でしたね。お疲れはでませんでしたか。りんちゃんも心配なことで
> 本当にお疲れ様でした。


 私とりんは 疲れもせず大丈夫でした  ゆきもちょっとだけ疲れたみたいでしたが
 頑張ってくれましたよ
 
>


> お母さんのこと、うちの母とそっくりです。
> いや、りんはは☆さんのお母さんのほうがいいかもですよ(笑)
> もう、亡くなったんですが、本当にわがままで独裁者のような母で、泣かされたものです。
> 病気になってからの20年は、ずっと譲って
> 暮らしました。心にもない謝罪もいっぱいしました。きっと短い命だから、冷たくして悔いの残るのが怖かったんです。
> 孫ですら、疲れるから連れてこないで、って
> 言われて、下の双子は私の実家に泊まったこともありません。いつも帰省は主人の実家に預けて私だけが家事手伝いのために実家に泊まっていました。
> だから、亡くなってしまうとホッとしたというか、後悔がないだけ救われています。
> 母の存命中は犬なんて絶対に連れていけなかったので、飼いたくても飼えませんでした。ようやくクーを手に入れられたんですよ。父は、私の気持ちには疎くて、「ええお母さんやったなあ」なんて、いまでも
> 言うので、「そうやね」と言いながら、お腹の中ではチッって舌打ちしています(笑)
> 母娘の絆って複雑に絡み合って、切るに切れないところが難しいですよね。
> でも、上手に距離を取って、わかってもらおうと思わないことです。
> 人の性格は変えられないので、気にしないようにしてゆきさん、りんちゃんと穏やかに暮らしてくださいね。


 ママミントさんもお母さんといろいろあったんですね
 お孫さんってとってもかわいいものだから 会いたがるのが普通だと思ってました
 なかなか大変でしたね  でも精一杯自分の気持ちを抑えてお母さんのお世話をされたから
 後悔がないんですね 私なんか 年取ってるだけでまだまだだーーーっ!
 わかってもらおうとしない事ですね 
 心の中でチッと言いながら頑張ってみます  ありがとう~
 
 
2011年10月28日(Fri) 06:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

りんはは☆

Author:りんはは☆
家族

りん  : 女の子 2002年3月10日生
      7.6kg
      年下の女の子には めちゃくちゃ
      厳しい
      若さに敏感なお年頃

ゆき  : りんはは☆の旦那さん  
      りんをスパルタで育て
      今では りんにめろめろ
      写真の頭部チェックは厳しい

りんはは☆:柴犬りんと
      ホークスが大好き  

F1 Countdown
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
年別アーカイブ一覧
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。